50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

自分の人生について考えるということ

私は、30.代の始めに離婚しました。

それから10年間は、子育てと稼ぐ事に無我夢中で、子供が死なないように、我が家が破産しないように、気を付けて生きてました。

資格もコネもない高卒の田舎暮らしでは、なかなか高収入は難しく、貯金を3千円するのも難しい日々。

子育ても初めての事で、気持ちも余裕が持てない。

離婚した事は「やった♪」という気持ちで清々しくさえありましたが、現実の生活は厳しく、子供の気持ちに寄り添うとかは全然できてませんでした。生きるのが、娘と二人で生きて行くのが精一杯でした。


まだ娘がオムツをしてた頃、家賃が安い市営住宅に住めるようになり、ちょっとだけホッと出来ました。

娘が中学に上がる寸前で、私は今の職場に転職。これで収入が少しだけ上がり、もっとホッと出来ました。

この頃でしょうか。

私は、自分の人生について深く考えるようになったのです。

一家の大黒柱として生活が出来るよう稼ぐこと、その収入で生活を回すこと、出来ればいざという時の貯金もしておくこと、

同時に、娘がちゃんとした人間に育つようにすること、

部屋は清潔で綺麗であること、料理もちゃんとしたのを作ること、

自治会に学校の役員、集金に、ママ友との交流に、

色んな事をちゃんとしたかったけど、色んな事を求められて、子供に寄り添わなきゃ、ご飯の時の栄養を考えなくちゃ、で、私は?

鏡に映った私は、私の姿は、ボサボサの髪に、何年も着てる服で、オシャレとは真逆で、化粧っ気も無く、常にくたびれて、いつも疲れてて。

なんだコレ?

これが私の人生なのか??

自分にお金を使うのが怖くて、もったいなくて、カフェに入る事すら出来ない。

これが、私の人生か???


男性からも声をかけられる事もなく、ときめきなんて違う世界の話。この時40代前半。まだ先はある。まだまだ先は長い。なのに、私はもう終わってる。

私の住んでる私の世界では、自分の事は放置するのが当たり前だった。

そんな事より、やる事があるでしょ!と、自分以外の事をやり続ける日々。


それが、これが、私の望む私の人生?


答えは、NO。


娘が高校生になる頃には、私は恋人を作ってました。

まあ、上手く行きませんでしたが(笑)

いつも疲れてて、生きてる感じがしなくて、これがこの先死ぬまで続くのかと考えると絶望すら感じてた私でしたが、久しぶりの恋愛は私を元気にしました。

上手く行かない恋愛でしたが、それでも私は少しだけよみがえった気分になりました。

カフェも一人で行ってみました。

自分に時間を使うと、心にも作用するんだなと思いました。

何より行動を起こした事、これが、自分を肯定できる事になりました。

人と比べてばかりで、すぐイライラしてた私ですが、少しずつ、少しずつ、自分の人生の過ごし方が分かって来ました。

今では、すぐ怒ってた自分が信じられないくらい。

基本、気分が良いです。

自由だな~♪って、思います。

住んでる世界が変わりました。


私は、この人生をもっと楽しみたいと思ってます。


ウソみたいに、辛くない。

もっと早く自分の人生について考えればよかったと思うほど、その効果は絶大でした。

私は今年50歳です。

まだ人生は終わってません。

まだ彼氏と一緒に住んでないし、まだまだ弾きたい曲も沢山あります。

素敵な庭を作りたいし、料理も上手くなりたい。

これからの自分の人生をまた考えようと思ってます。