50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

連休最終日

疲れたー、、、連日車を出し、あっちに行き、こっちに戻り、そっちに行き、、、、疲れたわ。

うなぎは無事食べれました。

出産準備品もほぽ揃いました。

西松屋ニトリしまむら、イオン、と渡り歩き、最後はいつも行ってるドラッグストアとスーパーでおしまい。

もう当分どこへも行きたくない。もういい。


西松屋は、私の母も一緒に行きたいと言うのでそうしたのですが、もう二度と一緒に買い物する事はないでしょう、というありさまでした。

出産するのは私の娘なんですが、娘の要望は全て無視。

そもそも商品をちゃんと見ないし、「早く決めてよ」という空気を凄く出してくるから、ゆっくりと選べない。

一度くらいは一緒に買い物をしてもいいかな、と思ったのが間違いでした。

せっかくウキウキする赤ちゃん用品なのに、焦らすし、決めつけるし、ホント邪魔でしかなかった。

もう二度と誘わない。私の娘も「何でおばあちゃんも誘ったの?」と不満をあらわにしてました。

だって一度くらいはいいかな、って思ったんだもの。

娘と孫から一緒に買い物に行くのを拒否られる人、それが私の母です。


今までは、私の母がこーゆー人だというのは、孫である私の娘は気が付かなかったそうです。

ですが、学校を卒業し、自分が大人に近づいていくと、今まで分からなかった「おばあちゃんという人間」がどんな人なのかが、分かってきたそうな。

ある日娘が私に言ってきたんです。

「おばあちゃんは何であんなに否定してくるの?」

「全部否定されたんだけど」

「何なの?あれ」

私にしたら、それこそが私の母の姿なんですが、娘はそれまで気が付かなかったそう。

孫として可愛がられるだけだった子供時代には分からなかったのでしょうね。でもこれがおばあちゃんの真の姿です。


私としては、「あぁ!分かってくれる人が現れた!」という気持ちです。

分かってくれる人がいる、っていうのは、なんて心強いのでしょう。もうそれだけで、わだかまりがスーッと消えて行きます。


私の母は、やっぱり物事を否定する人間だったんだと改めて確認できました。

私の母は、バカで頭の悪い人間でした。まあね、薄々分かっちゃいたけどね。

もはや変わってくれとは思いません。そのままでいて大丈夫。私達が聞き流せばいいこと。またあんな事言ってるよ~ってね。




さて、今日は私の3連休の最終日です。

ラッキーな事に娘は出掛けるそうなので、一人でのんびり過ごせそうです。

編み物とピアノの練習は、絶対したい。

あとは、ダラダラ過ごします♪