50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

彼氏の家

今年初の、彼氏の家にお泊まりでした。

彼氏とはずっと話せるので、ずっとお喋り。

まるで女友達のように話が弾みます。

ただ、彼氏の娘さんがいると、彼氏との会話は一旦中止となります。

何となく、二人で話すのははばかれます。

娘さんも、気を使って早々に自室に引き上げ、、ません。

娘さんは相変わらず、ずっとリビングにいます。

お風呂から上がっても、ずっとリビングです。

眠くなったら、やっとこさ自室へ戻られます。

自室のない私は、リビングにいるしかないのですが。

前はこれにモヤモヤしてましたが、今は、娘さんが家を出ると言ってくれたからか、そこまでモヤモヤしません。

モヤッ、、、くらいでしょうか。



彼氏と結婚して、娘さんが家を出たら、私はこの家に住むのか、、、そう思いながら眺めると、色々と要求が出てきました。


ピアノを置きたい、

背もたれが欲しい、

幾つかの棚を処分してスッキリ暮らしたい、

ついでに物も処分したい、


とにかく何でもある家なので、物が多いのです。

狭い家に詰め混んでます。

ボールやザルなんかも、全ての大きさが揃ってるんじゃないかと思うくらい各種あります。これだけでもすごい量です。

しゃもじも5~6本はある。鍋やフライパンも大量です。

私の家は対照的にほとんど無い。フライパンなんて一つだけです。ザルも一つしかない。もちろんしゃもじも一つです。

我が家に帰ると、スッキリします。

彼氏の家でもスッキリした気分で過ごせるようにしたい。

娘さんが家を出たら、断捨離ですな。


家に戻って彼氏とラインをしてたら、彼氏が可愛いらしいスタンプを送って来ました。

思わず「可愛い」と送ると、○○ちゃん(私)の方が可愛いよ、と、返信してくれました。

50のオバサンに可愛いと言ってくれるのは、彼氏だけでしょう。

大切にしなきゃいけませんね。


私、結構なイビキをかくんです。

それも嫌がらず、大丈夫だよ、気にしないで、と笑ってくれます。


いやマジで大切にしなきゃいけません!