50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

実家の土地問題

彼氏の妹さんが再び帰って来ます。
 
彼氏のお母さんが終末期なのでね。

妹さんはお母さんの為に仕事を辞めてこっちに帰ると言ってた事があるくらい、お母さんを大切にしている。


彼氏と入籍してない私は、まだ身内ではない。


彼氏のお母さんが亡くなったら、実家問題が浮上する。

彼氏の家の隣が彼氏の実家なんですが、ここまではいいんです。隣で。何の問題もありません。

ここからです。

実家を出入りする道が私道でその道が使えないのです。実家から道路に出るまでの道が。

これが問題なんです。

それまでは使えてたそうなんですが、代が変わり、突然の禁止令が。

家から道路に出るまでの道が使えない。

これは大問題でしょう。

その道を買い取ろうにも、それもダメと言われたんだそう。売らない、と。

そうなったのはどうやら彼氏のお父さんが亡くなる少し前だったそう。

それまではその私道の持ち主が「使っていいよ」と言っていたので使えてたそう。

そもそも、実家を建てた時にお父さんはその道を買うつもりでいたそうなんですが、その持ち主さんがあっちもこっちも土地を買っており、その中に実家の前の道も入ってたんだそう。

それを知ったお父さんは売ってもらうよう交渉したけれど、「そんな、買わなくていいよ、使って、使って」と言われ、それなら、、と、買わずに使わせてもらってたんだそう。

それが代が変わり、息子になった途端「使うな!」と。


それからはその道は使えなくなったので、目の前にある道路には出られなくなった。

代わりに反対側の道路を使うしかないのですが、それには彼氏の家の敷地を通らないといけないという何とも不便な事になりました。


と、言うことは?


実家を売った場合、道路に出るまでの道を確保しなきゃいけない、と、言うことなのです。

この辺の事は彼氏も想定済みで、既に専門の人に相談してたみたい。

その結果、彼氏の家の敷地を無償で提供しなきゃならないのだそう。道を作るために。

ちょうどカーポートがあるのですが、これを壊さなきゃならない。そこに道を作るために!

車も一台分置けなくなります。

ひーーーん。


彼氏は自分のきょうだいと話し合って、実家の土地は売る事に決めてます。

実家の解体だけでも百万単位のお金が必要。

住宅密集地なので土地は売れるんでしょうけど、変な人が住む事になったら嫌よね、、何よりただでさえ狭い敷地を提供しなきゃならないのが、ねぇ、、、


どーなる事やら。

まぁ、全て受け止めて、受け入れるしかないよね。

もしかしたらお金が転がり込んでくるかも?!なんて思ってたけど、土地が売れてもきょうだいと三等分だし、家の解体費用やカーポートの撤去、塀の作り直しを考えると、これってマイナスよね。

きゃ~!だわ。