50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

羨ましいもんは羨ましい。

お金持ちではない家庭に生まれ、子供の頃は父親に性的虐待をされ続け、実は兄からも性的ないたずらを受けていた私には、逃げ場も安らぎも何もない、ただただ苦しく貧しいだけの子供時代を過ごしてきました。

肝心の母は助けてくれず、これも私の心に暗い影を落としました。

おそらく人格形成ズタズタ。

こんな子供がケアされる事なく大きくなり、社会に出ました。

常に被害者意識が付きまとい、楽に生きる事ができない。私なんか、と、ひねくれてしまう。長らく自分をゴミ扱いしました。

楽しく生きたい、人生を謳歌したいと思っているのに、そのへだたりに気持ちが付いていかず、苦しいばかり。

友達が出来たり、離れたり。

結婚したり、離婚したり。

自分の人生をやり直したい、と思うものの、そんな急には薔薇色にはならず。

お金も無い。友達も少ない。自分には何のスキルも無い。

シングルマザーなのに保育園に入れず、仕方なくド田舎の地元に帰ってきた。

なんてつまらない人生なんだろう。

みんな何考えて暮らしてるんだろう。

このまま死んだ気持ちで寿命が来るのを待つだけなのかな。

時間だけが過ぎて行き、私は年を取るだけ。


なにこれ。何の罰ゲーム?


多分ここから私は変わった。

いきなり人生は薔薇色にはならないけど、楽しめる自分になっていけた。

今の彼氏と出会った時は、楽しめる自分になっていた頃。

だから、彼氏は、そうじゃない私を知らない。


年収一千万とか聞くと、ホント羨まし~と思うけど、それだけ収入があっても「お金が無い!」と言ってるのを聞くと、どこも一緒なのかな~と思ったり。

年収とかじゃなさそう。

現に私の収入はかなり低い方だけど、私は幸せを感じながら暮らせてるし、、だから、彼氏の収入が低くてもガッカリしないようにしよう、と、今から身構えています。

何だかんだ言っても、羨ましいもんは羨ましいのだ。