50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

問い詰められて 2

まるで尋問のような感じで、彼氏のお姉さんから説明が求められます。

どこにも笑顔は無く、張りつめた空気。息をするのも気をつかうような、そんな感じでした。




私は全く歓迎されてない。


悲しくなってきました。



彼氏のお姉さんは続けます。

「弟が言うには、1歳になるお子さん?がいるそうで、その子に問題があるとか。」

「何かしら障害がある、って事なんでしょうか?その子を弟はこれから一緒に面倒を見て行くのでしょうか?」



1歳の子、、多分、娘が産んだ子の事だと思います。

私にとって孫にあたります。


障害?問題がある?

ピンと来ません。



彼氏は私の孫の事を「問題がある子だ」と、お姉さんに言ってるって事?



お姉さんにも話しましたが、おそらく私の娘の事を「問題がある子だ」と言ったんじゃないかなと思うのです。

学校を辞めたり、妊娠して帰って来たりしましたから。

話の流れで娘の相手の男性の話しもしなければならず、かついまんで説明しました。

まぁ、この男性こそ「問題アリ」の人物なんですけどね。

今現在この男性とは連絡を取っておらず縁も切ってる状態だというのも話しました。




「娘は今仕事をしているし、自分の給料で払える住宅も見つけました。これから娘は孫と二人暮らしをして行きます。」




そうお姉さんに伝えました。





それにしても、彼氏にそんな事を言われてたなんてショックでした。



お姉さんは、全然知らない存在である私の子供の面倒を、弟が見なきゃならないのが納得行かなかったのでしょう。

ですが、そもそもそんな事は考えてもいません。

私は、私の娘や孫の事で彼氏に迷惑をかけるつもりはありません。なので、彼氏が面倒を見るって事もありません。

私は、娘の母親なので娘が望む事は叶えてやりたいと思ってますが、彼氏もそうであって欲しいとは思ってません。


金銭的な事は私が何とかします。

彼氏には頼りません。


なので私は再就職を頑張らなきゃなりません。