50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

元妻が家に来た

いつも通り夫と朝食を食べ、私は夫の弁当を作っていましたが、出来上がった頃には、もう自分の感情を押さえられませんでした。

 

 

今日、夫の元妻が家に来る。

 

 

こんなの誰だって嫌だって。

 

 

 

この家は、夫と元妻が建てた家です。

 

家を建てる事に興味が湧かなかったと夫が言っていたので、家の事は元妻が決めたのでしょう。

 

自分が色んな事を決めたであろう、懐かしの家に来る元妻。

 

今はどんな感じなのかと部屋を見て回るんじゃないか、覗かれるんじゃないか、、そう思うと、いても立ってもいられない。

 

それが顔に出てたようで、夫が声をかけてきました。

 

 

「どうしたの?」

 

「だって今日じゃん」

 

「何が?」

 

 

はっ??何が???

 

「今日、元妻が来るんでしょ?!」

 

「そうだけど、娘の荷物を出すだけだよ?終わったらすぐ帰るよ」

 

だーーかーーらーー!

 

来る事自体が嫌なんだってば!!

 

 

我慢ならず、声に出していました。

 

 

「この家に上がるんでしょ?それが嫌なの!!」

 

 

その言葉でやっと夫は理解。

 

 

娘さんに、元妻は車の運転で頼んでるはずだから、家の中までは入らないように、と頼んだそう。

 

 

いや、、、荷物出しって引っ越しみたいなもんでしょ?無理でしょ、絶対家ん中入るでしょ、、と心の中でつぶやきました。

 

でも、夫のその心づかいには気持ちが少しだけ緩みました。

 

続けて夫は言いました。

 

「ドアを閉めておこう」

 

湿気を気にしていつもはドアはオープンにしてます。

 

「リビング、寝室、それと洗面所のドアも閉めとこう!」

 

ここまでしたら、私の気分はかなり収まりました。

 

でもこのままここに居たら、元妻と会ってしまいます。

 

それは嫌なので、県外に住む娘&孫の所へ行きました。

 

 

そして、その日の夕方。

 

 

 

リビングのドアは閉まってましたが、テーブルの上に配達の不在通知が置いてありました。

 

え??

 

私が家を出る時にはそんな物は無かったよ?

 

リビングに誰か入った、って事?!?

 

すぐさま他も確認すると、

 

洗面所のドアも開いてる、

 

寝室のドアも開いてる、

 

 

ちょっと開いてるんじゃなくて、いつもの感じで思いっきり開けてありました。

 

 

 

!!!!

 

 

震えが来るくらい頭に来ました。