50代の再婚日記ブログ

50歳で再婚しました。楽しいこと、めんどくさいこと、色々です。

夫とお金の話

 

 

 

夫は、「もっと自分にお金を使って」と言ってきます。

 

いい美容院に行って、服も買って欲しい物は買ってと。

 

まずは自分にお金を使ってから、それからお金を貯めて、と。

 

これは私もそうしよう!と思ってる事なので、実践中なんですよね。

 

長年のシングルマザー生活で自分は後回しがクセになってて、、それと、自分の物を買う事に罪悪感を感じて買い物を楽しめなかったりね。

 

自分さえ我慢すれば家計が回るという自己犠牲は、結局誰のためにもならないんですよね。

 

何のために生きてるのかも分からなくなります。

 

これに気付いたのは娘が小学校の高学年になった頃。

 

その頃に、ずっと行ってみたかったカフェに行ってみたんですよね。

 

こーゆーの外で飲むと高いから、行きたくてもずっと我慢してました。

 

でも、我慢の先に何がある?と思って。

 

その数百円を我慢して、我慢し続けて、その先には「私はカフェにも入れない」という事実しか残らなくて、そんな人生をずっと歩むの?と、疑問が生まれたんです。

 

数百円なら当時の私だって払えます。

 

払える金額なのに、たった数百円なのに、自分にお金を使う事を許さなかった私。

 

これはいけないと思い、えいや!ってな感じでお目当てのカフェに入ったのを今でも覚えてます。

 

店内に入ってもドキドキが止まらず、頼んだカフェラテを飲んでも緊張が解けず、、そんな感じでした。

 

今ではフツーにカフェに入れます。慣れました(笑)

 

 

自分にお金を使いつつ、お金を貯める。

 

どこまでが散財なのか、、まぁ要はバランスなんでしょうが、、これを今年は追求したい。

 

満足しつつ、貯める。相反する事ですが、やって行きたい。

 

 

お金の事で夫に言ったのは、

 

外食費は私持ちをやめたい、

 

食費、雑費は、共有の物はもちろん買うけど、個人で飲み食いする物とか個人の物は今度からは自分で出そう、

 

というこの2点。

 

どれも「うん、うん」と縦に首をふった夫。

 

元々私達はお金に関して対立はしてないので、お互いの要望を聞いてそれに合わせる感じです。

 

今まで夫は自分の休日に飲み食いしたレシートも私に出してきてて、、そのお金を私は払ってました。夫のヘアスプレーや洗顔料なんかも。

 

でもそれって自分のお金を使うべきじゃない?とモヤモヤしてたんですけど、言えなかったんです。

 

はーーーっ、やっと言えました。

 

夫にケチ臭いと言ってるみたいで言いづらかった。

 

夫に恥ずかしい思いをさせるんじゃないかと、怖くて言えませんでした。

 

言えて良かった。

 

私がすんなり払うから夫は「あ、いいんだ」と思ったみたい。

 

いいワケねーだろ。(笑)

 

 

ウチは財布は別々です。

 

夫は家のローンや光熱費などの固定費を負担し、私は食費、雑費を負担してます。

 

なのでよくあるような、夫から生活費を渡される、ってのはありません。

 

私がお金の話をしたからか、夫が毎月の固定費や自分の給料を私に教えようとしました。が、私がこれを拒否。

 

夫の給料を知るのが怖い~

 

それに、やりくりを考えたくないし、したくない。

 

なので最初、夫は自分の給料を私に渡そうとしてましたが、私がそれを拒否したんですよね。

 

私も、私の給料を夫に渡す案を出しましたが、拒否されました。

 

お互いに家計のやりくりを拒否(笑)

 

拒否した結果、財布は別々となり今のかたちとなりました。

 

個人でそれぞれ貯めて、共有の電化製品等はお金を出し合って買ってます。

 

大体夫が多めでね。

 

私はこれで不満はないので、、言いたい事は言えましたしね、こんな感じで進んでいこうと思ってます。