50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

気に病む人の心掛け

私は、すぐ気になる人です。

何かあればすぐ気に病み、それがずっと残る人間です。

眠る時も、明るいのがダメ、音がするのもダメ、暗闇、無音じゃないと眠れません。

相手の顔色をうかがい、こちら側がハラハラしてしまうタイプです。

みんなそうだと思っていたら、違うんですね。ビックリしました。

気にして眠れない人もいれば、全然気にせず眠れる人もいる、と聞いた時の驚き。

えぇ?!眠れるの?あの状態で?!気にならないの?!

ホントに?!ウソでしょ?!


それからは、私が胃がおかしくなる程気に病んだとしても、これをまったくしない人もいるんだ、と考えるようになりました。

ずっと嫌な気持ちが心に残り落ち込んでいる時も、そんな風にならない人もいるんだと思うようになりました。

そして気付けば前ほど落ち込まなくなりました。

気に病む出来事が起こっても、その時だけ考える、って感じです。


自分がなぜあんな事を言ってしまったのか、なぜあんな事をやってしまったのか、それを誰かに聞いてもらわなければ眠れなかったのに、今は自分の中で完結できます。

誰かに聞いてもらって、私がした行動を納得してもらわないと眠れなかったのに、今は誰かに話さなくても眠れます。

年を取ったからなのか、私が変わったからなのか分かりませんが、何と言うか、ずっと気に病むのが疲れるようになってきたんです。

そんな事より晩ご飯何にしよっかな、と、楽しみな事に頭を切り替えるようになりました。

晩ご飯は楽しみですから。

食べながらノンアル飲んで、録画してた見たかった番組を見て、最高な時間を過ごしたいと思うようになったのです。


相変わらず気にしたり気に病んだりしてますが、するのはその時だけ、と心掛けてます。