50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

問い詰められて 3

娘と孫は二人で暮らしていきます。

そう話した途端、お姉さんの緊張が解けたようで、厳しい表情はなくなりました。

自分の弟が(私の彼氏です)私の娘と孫の面倒を見させられると思ってたのでしょう。


ご心配なく。そんな事は1ミリも思ってませんから!


そこからは、たわいもない話もして一見和やかな雰囲気になりました。



私は無理やり笑顔を作りました。



お姉さんの厳しい態度、彼氏の言葉、どれも想像しておらず、大変ショックを受けました。

なので、そんな急に切り替えはできなかったです。でも、お姉さんに合わせなければ!と必死に笑顔を作りました。



最後にお姉さんは、


「したくない話もあったでしょう、言いたくない事を言わせてごめんなさいね。」

と、申し訳なさそうな顔をしました。



お姉さんとの話を終えて、彼氏の家に戻りました。

もういい時間だったので、慌てて夕食作りです。




お姉さんは最後に謝ってくれましたが、1番最初の歓迎されてない感じが、ずっと心に残りました。




「姉貴に何か言われても気にしないで、あの人天然だから」

そう笑いながら彼氏は言います。


天然、抜けてる、そんなお姉さんのエピソードも話してくれた事もあります。


彼氏が話すお姉さんとかけ離れてます。


とにかく怖かった。



彼氏に話を聞いてもらおうと思ってましたが、どう話していいか分からず今に至ります。