50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

まだまだチェルニー

チェルニー40番36とベートーベンの悲愴。

まだまだやってます。

一応、どちらも最後まで弾けるようになりましたが、どちらもただ弾けただけ。楽譜通りになぞれただけの状態。

チェルニー40番36は、子供の頃からピアノをやってた人は軽く弾けそう。なんて、偏見かしら。

私はつまづく、つまづく。

全然速く弾けません。

ミスタッチも多い。物凄くゆっくりなら大丈夫ですが、これでは曲になりません、、、


練習あるのみ。

悲愴も、これが2楽章なのか1楽章なのかも分からない音楽素人です。

3楽章ではない事は分かる。だって3楽章はやったから。

でも、この間3楽章を弾いてみたら、もう既に弾けませんでした。

これだからピアノ素人はね、、、

何か弾いてみて~って言われても、今練習してる曲しか弾けないのですよ。練習すれば弾けるのよ?その時間をくれ、って事です。


悲愴、こちらはゆったりな曲なのでまだ気持ちが楽ですが、肝心のメロディーが伴奏に紛れて出てこない。

力を入れず、軽く弾くって本当に難しい。

そして、面白い。

うちのは電子ピアノなんですけど、それでもこれだけ楽しめます。

理想は、グランドピアノを音を出しても良い環境で弾けることですが、これは無理。

まず自宅に防音室を作るのが無理。今は賃貸だし、彼氏の家は小さいのでピアノを置くスペースがそもそも無い。私の電子ピアノをどこに置くかで揉めるくらいだもの。アップライトのピアノも置く場所が無いからと却下されました。

しくしく。


電子ピアノでも弾けるだけ有難い、っていうのが私の環境です。

レッスンの時にピアノの先生のグランドピアノが弾けますしね。





今日は夜勤です。

面倒くさいけど、頑張るか。