50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

夜勤明け

昨日は、夜勤明け。

クタクタの脱け殻のようになって帰宅。体力無くなったわ。

お腹ペコペコだけど、包丁で何かを切るのも億劫だったので、何もしなくても良い適当カルボナーラを作りました。

パスタを湯がき、そこにコンソメとチューブにんにく、牛乳、チーズ、塩コショウ、火を止めて、溶いた玉子を混ぜれば出来上がり。

ブラックペッパーをかけて、それらしく。

うま♪うま♪と食べてたら娘に見つかり、1/3食べられました。

食後に温かいカフェラテを飲みながら、アーモンドチョコを食べる至福。

このチョコも娘に半分食べられました。


その後、テレビを見ながらウトウト、、、少し眠りましたが全然スッキリせず。

気付けば夕方だったので、洗濯開始。

外を見ると、娘が前回の洗濯物を取り込んでくれてました。茶碗も洗ってある。

おぉ!助かる。

これでやる気が入り、久しぶりに掃除機をかけました。

そのあと床拭きもしようと思いましたが、そこまでは出来ず。私も娘もお腹がすいて晩ご飯の支度に取り掛かったからです。

昨日は、アジの塩焼き、鶏むね肉の甘辛炒め、白菜のみそ汁、ご飯、オレンジ、でした。

娘は魚の塩焼きが苦手なのでずっとやってなかったのですが、私が食べたくなりアジを買って帰ったのです。

グリルで魚を焼くのが久しぶり過ぎて火加減が分からなくなり、ちょっと焼き過ぎてしまいました。

上手く焼けば、アジの塩焼きは最高に美味しいのに!

こんなに美味しいものなんだよ、と娘にアピールしたかったのですが、やや失敗。

それでも娘は全部食べてくれました。まだこれくらいのものなら食べられるとの事。

どうやら以前、焼き過ぎてカチカチの鮭を食べて、それ以来焼き魚が無理になったそう。

犯人は、私の母。

何でも焼き過ぎるくらい焼く人なんです。

私も以前、母が作ったパリパリに焼かれたピザを食べた事がアリ。具材の旨味なんてどっかに吹き飛んでました。


鶏むね肉の甘辛炒めは娘作。これは美味しかった。

私が土鍋で炊いたご飯も最高でした。


夜勤明けは、一眠りしてても夜が来ると眠くなります。

赤ちゃんを抱っこして、堪能してから私は自分の布団へ。

ぐっすり眠れたので、疲れも取れました。

今日は午後から実家の用事で出掛けなきゃなりません。

それまで時間の許す限りやりたい事をやっときます。

まずは、ピアノの練習です。

時間があれば、庭の手入れもしたい。そろそろ種まきもね。