50代の日記ブログ

何か起きても起きなくても楽しい毎日を。

指輪を見てきた

結婚指輪を見て来ました。

彼氏も一緒に。

余裕の無い家計の中、更に車を買うので、余ってる現金はほぼ無し、車の頭金すら危ない、というのが彼氏。

私は娘と孫がいるので余裕は無いけれど、多少の貯金はある。本当に多少。全部合わせても100万ないくらい。

低レベルだが、私の方がまだマシか。


お金が無いのが分かっているのに、結婚指輪を見に行く。

心苦しいけど、無いのは寂しすぎる。


普通の結婚指輪はお高い。

プラチナは高い。

なので、チタンになりそう。

ガクッと値段が下がる。

「うん、うん、これくらいなら、、」と、彼氏も安堵の表情。


そりゃ、チタンよりプラチナが良いよ。

でも、今は買えないんだもん。

50歳なのに買えないんだもん。


私は、元夫からもらったダイヤの指輪をまだ持っている。

結婚指輪は投げ捨てたから無いけど。確かあれはプラチナだった。

ダイヤの指輪は元夫がローンを組んで勝手に買ったヤツ。

私はこれが欲しいだなんて一言も言ってない。

けれど、素敵なダイヤだった。とても綺麗。

最初は喜んだけど、払えなくなったローンの残りもやって来たため、憎きダイヤに変わった。

離婚する時は、当然のように私がもらった。昔の話なのでローンもとっくに完済している。

結婚指輪じゃないけれど、プラチナで光輝く素敵なダイヤ付きの指輪なら、持ってる。

だから、チタンでもいいのさ。



結局見るだけ見て、帰った。

後は彼氏のタイミングで買うだけだ。

私は待つだけ。